「今知りたい」災害時自動車保険が補償できる範囲特約と車両保険

「今知りたい」災害時自動車保険が補償できる範囲特約と車両保険

自動車保険は基本的に人為的な事故によって損害を受けた時に補償してくれるものです。
しかし車が損傷するのは交通事故だけではありません。
地震や台風といった自然災害により車が傷つく事も十分あり得ます。
また台風でなくてもゲリラ豪雨により短時間で大雨が降る事で、
道路が冠水してしまい、車が水没してしまったり、

土砂崩れが起きて車が流されてしまう事もあります。

こうした場合は自動車保険により補償を受ける事が出来ます。

強風や豪雨、高潮といった地震以外の風水害に当てはまる自然災害は、
基本的に保険の補償対象となっています。

その為、車両保険に加入していれば、
車の損害に対してしっかりと保険金が支払われるので安心です。
例えば大雨による洪水で川が氾濫して車が水没してしまったり、
台風の強風により物が飛んできて車が破損してしまったり、
ひょうやあられにより車の窓ガラスが割れてしまった場合も保険の対象になります。

車両保険以外にも、突風により車のドアが急に開いてしまい、
隣に駐車してあった車を傷つけてしまった場合は、
対物賠償保険で相手の修理費が補償される事もあります。

しかしこれらを原因にして保険金を受け取ってしまうと、
等級が下がってしまい

次回保険を更新するときに保険料が値上がりしてしまいます。

どの保険会社も等級が高ければ高いほど保険料は安くなるので、
損害が大した事ない場合はあえて自動車保険を使わないで自腹で修理した方が、
将来的に保険料が高くならずに済みます。

さらに種類によっては補償されない場合があるものも存在するので注意が必要です。
例えば台風や洪水、火災による原因での車の損害は自動車保険で補償されますが、

地震や山の噴火、そしてこれらが原因によって
発生した津波等による損害の場合は保険に入っていても

補償は受ける事は出来ません。

だからといって地震や噴火が原因による災害から

自動車を守る手がないのかというとそんな事はありません。

 

特約によっては損害の一部を補償する事は可能です。
例えば地震・噴火・津波危険車両全損時一時金特約であれば、
これらによって自動車が全損になってしまった場合は一時金が支払われます。

それでも地震等の自然災害時における

一時金の特約自体を扱っていない保険会社もありますし、
保険会社によっては名称や支払われる条件の詳細が異なる場合もあります。

加入を考えている場合は、

事前にどの保険会社にどのような特約があるのかを

調べておく必要があります。
自然災害は中々予測する事が難しく、

いざ起きてしまうと回避する事も出来ません。
だからこそ保険は重要で、

何か起こる前からきちんと対策を練っておく必要があります。

自然災害時における自動車保険の補償について

自然災害が発生したとき、

自動車保険の補償はどのようになっているのでしょうか?

もちろんこれは個々の保険契約や特約などに従って決まるものであり、
ここに書いたことが常に当てはまるわけではないことは念頭に置く必要があります。

ただ、実際には自動車保険の内容はどの保険会社でもほぼ同様ですから、

一般論としてであれば当てはまると思っておいて大きな間違いはありません。

一方で、特約をつけない限りは
地震で建物が倒壊し、
そばに停めてあった車も巻き込まれて潰れてしまったというような場合、
津波により水没した場合、
火山の噴火による噴石とか火山灰によって損傷したような場合は
対象となりませんので注意が必要です。

補償の対象にならないものが地震、津波、それに火山噴火による損害です。

車両保険が適用される対象の自然災害

まず、自然災害により車両が損害を受けた場合に補償されるのは、
車両保険に入っている場合に限ります。
常識的に考えて明らかしょうが、
対人賠償保険や対物賠償保険で車両の損害が補償されるわけではありません。
そして、自然災害の中でも、

大雨、洪水、台風、大雪、雪崩、雹による損害は対象になります。
一方で、地震、津波、それに火山の噴火による損害は、特約をつけない限りは対象外です。

より詳しく説明していきましょう。
例えば、大雨や洪水により、車が水没することがあるかもしれません。
河川の氾濫による場合もあるでしょうし、
立体交差などのアンダーパス部分に水が溜まっていて水没することもあるでしょう。
あるいは道路の排水能力を超えるような雨が降った場合は
別に河川の氾濫などがなくても冠水することがあるかもしれません。
これらはいずれも対象となります。

もちろん水没だけではありません。
水のため、あるいは台風などの風のために車が押し流されたり、
あるいは何か飛んできたものが車に当たって損傷するとか、
土砂に埋まるなどといったことも考えられますが、

このような大雨、洪水、台風を直接の原因とするような
車両の損害はいずれも対象になります。

大雪や雪崩についても同様のことが言えます。
雪の重みで車の屋根が凹んだとか、
雪崩に巻き込まれて車両が損傷したというような直接的なものだけではなく、
例えばガレージの屋根が雪の重みで崩れ、
結果的に中に停めてあった車両が傷ついた場合であっても対象になります。
雹はある意味で分かりやすいでしょう。
雹によりフロントガラスが割れたとか、屋根が凹んだというような被害です。

特約とは・・

 

対人賠償責任保険や対物賠償責任保険などの、

いわゆる「基本補償」だけではカバーしきれない、

様々なニーズに対応するために設けられた補償です。


特約の種類

※保険会社によって名称と保証内容の違いはあります。

【相手・車・物】
対物全損時修理差額費用特約
対物賠償責任保険では、保険金は相手自動車の時価 額までしか支払われない
【ご自身・人】
無保険車傷害特約
保険を契約していない自動車と事故にあった場合
自損事故傷害特約
自損事故で自賠責保険から保険金が支払われない!

その他 万が一の時の補償を手厚くしたい

人身傷害死亡・後遺障害定額給付金特約
搭乗者傷害特約(一時金払)
搭乗者傷害特約(日額払)

【ご自身・車・物】の補償

車両新価特約
事故で新車が大破! また新車に乗りたい

車両全損修理時特約
事故で修理費が高額!

地震・噴火・津波車両全損時一時金特約
車両保険では補償されない地震・噴火・津波による損害の補償

【その他】の特約補償

ロードアシスタンス運搬後諸費用特約
事故・故障時代車費用特約
ロードアシスタンス事業用特約
ファミリーバイク特約
弁護士費用特約
個人賠償責任特約
車両積載動産特約
被害者救済費用特約
安心更新サポート特約
継続うっかり特約

 

自動車保険見直しのポイント

昨今の自然災害で大きな被害を受けた西日本豪雨、台風24号等

時期、季節により豪雨、大雨による災害は

発生する確率は高いかもしれませんが

安心と安全は物差しで測れないものです。

つまり、

「ここまで万全にフォロー出来てるから大丈夫」

「自分は大丈夫」

この考えこそ隙だらけでもあり、「安心と安全に限界限度が無い」

この様な考え方の方がより安心と安全確保に近づくのでは無いでしょうか?

いつ、同じような自然災害が私たちを襲うか解りませんし、

誰しもが災害予測等出来ません。

広島、岡山、愛媛県はH30年梅雨時の豪雨の被害にあったから

来年は来ないだろう~こんな安易な考えでは

安心と安全は保障されません。

安心と安全はご自身の考え方に比例して保証度合いが大きくなるもので

他人が保証してくれるもでもありません。

今後いつ起こるかわからない自然災害。

冬場になれば豪雪、大雪、雪崩、春になれば突風、竜巻

梅雨時には西日本豪雨みたいな大雨での再現もあるかも知れません。

今こそ、車両保険と特約を含め、ご自身の自動車保険の見直しが

必要な時では無いでしょうか?

今まで支払っていた保険会社と比較して

車両保険を付け加えた年間の支払金額が

安くなるケースもあるかもしれません。

もしかしたら、より補償を多くして年間自動車保険代金が

今までと同じ金額かも知れません。

又、年間の支払金額が少し高くなっても

より安心安全な補償内容に変わるかも知れません。


是非この機会に自動車保険一括見積で比較して見てはいかがでしょうか?

保険カテゴリの最新記事