台風災害に備える火災保険は火事だけの保険ではない!

台風災害に備える火災保険は火事だけの保険ではない!

自然災害に備える火災保険、家財

火災保険は自然災害による

住宅の損害、損傷部分を補償する住宅全般の保険です。

火災保険は火災以外の雪・台風・落雷・水道管破裂など多岐に渡って適応されます。

昨今は本当に災害が多いです。

いつ自分や家族の身にそうした災害に遭遇するか分かりません。
日本の言葉で「備えあれば患いなし」という言葉があります。
やはり災害が起きる前に備えをしておくことは大切であると言えます。

又災害が発生してから保険申請時に苦労したり、時間がかかりすぎたり

思った以上の金額でなく減額されたり、保険の対象でなかったり

保険に入ってるから安心と自己満足していて実際には対象の補償でなかったりと

無知からくる損失であったりして

困惑された経験のある方も多いのでは無いでしょうか?

災害が起きる前に万全の準備が貴方にとって最大の補償です。

少しの金額をプラスするだけで、後悔先に立たずになるのではないでしょうか?

何事も、予測と先見の明で物事を捉え、大切な家族、自身を守るために

安全と安心確保の手段を考え

備えの実行するのは大きな災害があってからでなく

災害が起きる前に行動するべきです。


そうすることで、「いざ」「急に」に対応できるからです。

医療保険も同じ処遇ですが、病気、ケガ等の実績が

災害よりも多く、身近な生活の中で災害より病気、ケガ等のリスクが高いので

災害保険より医療保険を重視した考えになりがちです。

多くの方は医療保険に入っておられることでしょう。

いつ病気になるかわからないより、必ずと言っていいほど死ぬまでに

1度も病気怪我などしない保証がないからです。

しかし、昨今に頻繁に季節事に起きる自然災害は

今や、定例化されてる様な状況です。

災害や人災でいつ自分の住んでいる住居が火事になったりして、

建物そのものや、家財が失われるか分かりません。
そうしたことを考えると災害時未然に

火災保険に入っておくことは良い備えになると思います。

ここ数年、東日本大震災など日本も大きな災害に見舞われています。
やはりそうしたときに保険に入っておいてよかったという知人の話を聞きました。
国から援助などをもちろん期待することができますが、

罹災証明書の発行や受理されるまでの時間はそれなりにかかってしまうものです。
しかも大災害などになればなおさらなことでしょう。
火災保険などはずっと掛け金を支払ってきたわけですから、

被害状況を伝え、証明できれば国からの援助よりも

早く保険金をもらえるというケースが多いです。

また、家財を守るための保険もあります。

高級な家財や結婚した時に結納したものなど大切な家財を持っておられる方も多くおられます。

そうしたものを守る保険もあるので、

いざという時のために備えをしておくことは安心につながります。
保険料を支払うのが負担であるという方のために、

今では低価格で保険料を支払えるそうした保険会社の制度もあります。

様々なプランがありますし、

特に若い人のためにつくられているプランなどもありますね。
ですから、自分の状況や経済事情を考慮し、

保険会社の方のアドバイスなども参考にするなら

安心して火災保険などにも入ることができると思います。

そして火災保険のすごいところは、火災の時だけ保証されるだけではないということです。
落雷による停電や、配水管が詰まり水漏れになった時の水害事故や、
盗難被害にあった時なども保証してくれるものもあります。
そして最近一番多い地震で建物が損壊したときにも保障してくれるものがあります。

こうした保険制度はまさに安心をお金で買うといったところでしょうか。
一人暮らしならまだしも、奥さんがいたり子どもがいたりしたなら、

なおさらこうした保険に入っておくことは大切ですね。

ネットでどの保険会社がいいのかランキングなども見ることができるので

様々な視点から考えて自分にとって良い保険を選んでいきましょう。

火災保険は自然災害による住宅の損害、損傷部分を補償する住宅全般の保険です。

しかし、残念なことにその名称から

「火事の時だけ適用される保険」と勘違いされてる方も多く

被害を受けても保険利用に至らないことが殆どです。

何故なら火事でないから保険適用されないと思われてる方が多く

保険申請までせずに諦めてる現状なのです。

台風も自然災害ですので、

台風によって受けた建物や家財の損害は火災保険で補償されます。

せっかく保険料を払っているのに、

この事を知らずに台風で壊れた屋根や雨どいを

自費で修理するのは本当に勿体無いと言えるでしょう。

台風被害に適用される補償の種類は主に3つあります。

①風災補償 ②水災補償 ③落雷補償

火災保険の選択方法

最大26商品の火災保険から

貴方にピッタリの保険を火災保険一括見積りで比較して見ましょう~

無料診断スタート!から

入力いただいた内容をもとに、

見積もりを作成します。

地震保険・火災保険に詳しい保険アドバイザーが、

お一人おひとりのご状況に合わせた見積もりをします。

選択に悩む保険のアドバイス

また、保険アドバイザーへの相談も出来ます。

加入したいと思われる保険が見つかりましたら、

担当の保険アドバイザーと相談してください。

加入に必要なお手続きもすべて無料でサポート。

なお、保険への加入は任意です。

無理な勧誘は一切ございませんのでご安心ください。

保険アドバイザーが、

あなたにぴったりで無駄のない補償をご提案しています!

早速比較して見ましょう~

火災保険の申請の難しさ

 

火災保険の無料調査、申請代行、コンサルしてる制度も利用しましょう。

もちろん成果報酬の為相談見積には費用は発生しません。

ただ申請の方法は専門知識が少ない個人では難しい部分もあります。

被害個人での火災保険申請が何故難しいのか?

  1. 申請の手続きをどのようにやればよいかがわからない。
  2. 火災保険にどのような損壊が対応しているかわからない。
  3. 申請可能な部分を見落とす可能性が高い。
  4. 損壊があっても自然災害か経年劣化か判断ができないために、保険会社との交渉が出来ない。
    申請するにあたって適正、尚且つ解りやすい写真書類や見積書類を作成する必要がある。
    いつ、どのような災害によって被災したのかを特定するのが困難。
  5. 保険会社と保険会社や鑑定会社とのやり取りを正確に行い、間違いなく伝えないと被害認定されない。
    (または大幅減額されてしまう)

よくあるご質問

Qどうして皆さんこの仕組みを利用しないの?

A保険の契約は皆さん詳しく理解されていないことが多く、
自然災害に使えることを知らない人がほとんどです。
また、保険と建築について専門知識が必要になってくるので、
個人で申請するのがかなり困難で適応されないか、
されてもわずかな認定額になってしまうことが大半です

Q本当にお金はかからないの?

Aもしも災害が保険認定されなかった場合は、
調査費・申請サポート費など、一切の費用を頂くことはありません。
保険金の認定があった場合のみ申請サポート費用をお支払いいただきますのでご安心ください。

Qのちに保険料が上がったりしないの?

A火災保険には自動車保険のような等級がないため、
保険支給を受けても今後保険料が上がるということは一切ありません。

Q火事でないのに、火災保険って本当におりるの?

Aはい。火災保険は火災でしか使えないと思われていますが、
火事以外の多くの自然災害に適用できます。
ただ申請の方法は個人では難しい部分もあります。

申請実績

無料調査で平均80万円の保険金がおりています!

無料調査の対象条件

  • 築10年以上であるか
  • 屋根に傾斜があるか(陸屋根は対象外)
  • 自分か家族所有の建物であるか
  • 戸建て住宅であるか(アパートなら1棟持ちであることが必要)

申し込みから受給までは簡単4ステップ

  1. 無料調査の申し込み
  2. 現地調査・保険の申請
  3. 保険会社の鑑定立ち会い
  4. 保険会社より災害保険金の入金

保険申請110番で無料調査はこちらです。

セキュリティ対策も万全!wpXレンタルサーバー

CTA-IMAGE 『wpX』(ダブリューピーエックス)は、 初心者からプロまで利用してる ブログツールであるWordPressを用いた サイト運用に特化したレンタルサーバー&クラウドサービスです。ブログをはじめたい方はお勧めの格安サーバーです。

保険カテゴリの最新記事