冬 災害 備えで最低抑えておきたい生活必需品災害対策品

冬 災害 備えで最低抑えておきたい生活必需品災害対策品

平成30年も残りわずかです。

今年沢山の自然災害がありましたが

まだ記憶に新しいのではないでしょうか?

西日本豪雨から、台風、北海道の地震いずれもたった数か月の間で集中しています。

直接被害にあった方もいれば、全く被害にあってない地域の方もいるとは思いますが

ここまで1年の間に集中して災害が起こりうる事実はこの数年の時間の中でも

珍しい事ではありません。

自分は大丈夫、滅多にないから、今まで災害が少なかったから、

安易に他人事ととして感じる状況ではなくなってきています。

「来年は、今年より災害が少ないだろう」この様な事が予測が出来ない位

自然災害の予測など頻繁に起こる交通事故と同じように

専門家ですら断言できるものではありません。

そこで、今からの時期に向けての災害に備えた対策と準備をしていきましょう~

生活の中で身近な冬の災害備えと対策品です。

個人的にはここだけは譲れないポイントとして

今からの時期警戒したい自然災害は、「雪」による災害です。

北日本、北海道に在住されている方は「雪」は当たり前に子供のころから

見られていて、年間通しても雪との生活環境に慣れていますし、

他の暖かいの地域の方と比較しても

「雪」による災害、事故に対する意識が高い事と思います。

雪への恐怖心と災害意識の違いが相反する地域は

やはり、降雪量の少ない地域。

つまり南国の暖かい地方です。

降雪量、年間通じて雪が降る条件等

全く違いますから致し方ない部分でもありますが、

ここまで自然災害が多い昨今です。

雪の少ない地方の方は雪なんて

降っても12月に1~2回、1月の大寒から節分までで

後、そこを乗り越えれば三寒四温で春が来るので

冬災害備えに対する意識がどうしても低くなります。

その中で、いくら短い冬と言えども、冬災害の備えとして

大きな事故に繋がらない様にする為にも

そろそろ準備したい災害対策品でもあり生活必需品があります。

まずはスタットレスタイヤ、冬用タイヤです。

スタットレスタイヤの使用する時期

地域によっては、このスタットレスタイヤ、

冬用タイヤを装着する期間に相違はありますが

西日本では大方初雪が降り始めると一気に街のタイヤショップ

ネット通販等で購入したり、夏用タイヤからの履き替えが集中します。

大体12月あたりに集中して、街の有名なオートバックス、タイヤ館、

イエローハット、ガソリンスタンドは大変忙しい状況です。

この12月前後の時期から大方3月位までの4か月間が年間の中でも

スタットレスタイヤを装着してる時期です。

新規購入、履き替え前は検討期間を考え早めの予約が大切

西日本地域では大方4か月の間、

スタットレスタイヤ冬用タイヤにお世話になります。

まだ雪が降らないうちに「そろそろ」と考えてる方から

「降ってからでも大丈夫」「少々の雪だからギリギリまで大丈夫」

考え方でも事故、災害意識の違いは明確です。

雪の恐ろしさを知らないからです。

以外に軽く見てはいけない雪の自然災害です。

雪は降り始めたら、即止んでしまう程度ならいいのですが、

一気に状況も変わることがあるのが「雪」の恐ろしさです。

あれよあれよと思ってる内に何十センチも積り、凍結して

スリップ等起こし大きな事故にもつながりかねません。

スタットレスタイヤでさえ、対応できない事もあります。

かなりの凍結ではやはり、

タイヤチェーンと4輪駆動(4WD)が強いのも事実です。

その証拠に、東北以降北の地方では寒冷地仕様の車であり

4輪駆動は当たり前です。

南国地方の方では大きな災害、事故に出会う前の10月11月が

特にスタットレスタイヤ冬用タイヤの購入と履き替えの

検討期間では無いでしょうか?

スタットレスタイヤ通販と店舗どちらがお得

タイヤの実物を見て、納得したい方はやはり店舗派では無いでしょうか?

店頭でも、輸入品も展示していたり、オリジナル商品を勧められたりしながら

店員さんの説明を聞いて納得して買いたい派の方から、

自分で色々と比較検討しながら

ネット重視で手軽にボタン一つで注文したい派とどちらかでは無いでしょうか?

お得感は人それぞれ価値観が違う事なので、

お得感判別のポイントとして

価格、品質、時間、手間、サービス等の「差」が個人の受け取り方で様々であり

この差がお得感となるのでは無いでしょうか?

価格が高くても国産に拘り、アフターサービス等の面を重視してる方は

いくら安くても、前者の方がお得と感じる訳です。

価格重視な方はどこまでも1円でも安い方がお得と感じる訳で

ネット通販の有名店、国内の店舗どちらも一長一短あるわけです

貴方は価格重視それとも品質重視

スタットレスタイヤを選ぶ際の購入のポイントとして

やはり価格が気になります。

価格重視でスタットレスタイヤを選択するのであれば、

中古タイヤと今はやりの輸入タイヤに勝る国産タイヤはありません。

国産タイヤでも不人気で在庫処分タイヤでの販売チャンスに巡り合えば

国産タイヤでもお得な購入が出来ますが、探して探して時間をかけても

4本揃う事とタイヤサイズが揃う事はまれであり、都合よく行きません。

品質重視ならやはり国産タイヤの有名所です。

ブリジストンに始まり、

そこそこ値が落ちるトーヨーまで幅広く

ありますが、輸入タイヤと国産の品質は比較になりません。

日本人特有なものつくりに対する考え方が違うので

輸入タイヤは、国産タイヤより重さも軽く、ホイールバランスも

かなり、鉛をつけないとバランス調整が上手くいきません。

ここは知っておきたいポイントです。

1年そこそこ2年まで使えればいいこれ位の感覚で

輸入タイヤは見るべきでしょう~

しかし、走り出したら、国産と比較しても素人の私達は

何も走行中大きく違和感を感じませんので

タイヤ寿命、品質を考慮せず、安さ追求の方にはぴったりの輸入タイヤです。

工賃を含めてトータルいくら派?

気になるポイントがタイヤの処分料と、履き替えの工賃

更なるもろもろバルブ代の細かいお金です。

タイヤ本体とは別に必要とされる経費ですが、店頭購入でしたら

送料はかかりませんが、通販でしたら、送料込み価格から,

1本いくらまであります。

いずれにしろスタットレス購入に必要とされる支払い代金の内訳として

タイヤ本体代金+通販なら送料?+ここからは工賃、処分料、細かな経費=総額

この様な図式となるわけです。

トータルで見た時に安く見るポイントは

それぞれの項目をどれだけ安く抑えるかが総額を抑える努力となります。

①タイヤ本体⇒中古タイヤ、国産、輸入品のいずれか?

②送料⇒店舗は不要ですが通販なら無料か?安い所。

③工賃、処分料、⇒店舗により、定価が無い為お店設定の価格。

この辺りが比較対象して、総額を抑えるコツの見極め方です。

履き替え時期予約しても数日待ちは嫌だ!

ここもめんどくさがり屋の方だったり、気の短い方は

「即」待ち時間なしに交換したいと思われる方も多いのでは無いでしょうか?

私も待ち時間が嫌いな方で、「即」を重視してしまいます。

タイヤ交換でも、待たされると、又、来週にしょう~

別の所で少々高くても、履き替えてしまうタイプなのです。

今は便利な世の中で、ネット通販でしたら

タイヤ購入と同時にお住まいになってる近所の整備工場と提携していて

タイヤ購入後の到着も整備工場へ

交換も自分の指定した時期時間へ指定できます。

ここは通販ならではサービスなので上手く使わない手は無いでしょう~

店舗は、どうしても待ち時間が発生します。

私みたいな急ぎ、即を求める人にはぴったりのサービスでは無いでしょうか?

廃タイヤを売って少しでも新品購入の足しにしたい。

スタットレスタイヤを新規購入した際に古いタイヤを処分する前に

知っておきたいポイントです。いくらかでも廃タイヤがお金になれば

新品購入費の足しにもなり、家計が助かります。

捨ててお金を払うより、売ってお金に換えた方がお得ですね。

つまりお店側の工賃の中の処分量が必要でなくなるわけで

ホイール込みで売りたい方は、数万円にもなることもあり

以外にも、新規で購入したタイヤ代がチャラになるケースもまれではありません。

ここは抑えておくべき生活の知恵に当たるポイントです。

こちらの買い取り店は全国電話1本、メール対応可能ですので

この機会に「タイヤを売りたい」と考えていた方は是非活用してください。

お取引の流れです。

  1. 電話、メール相談☟
  2. 梱包キット送付されます。☟
  3. お客様商品発送☟
  4. 商品確認後現金振込☟

お取引完了

中古タイヤの販売、買取ルートの無い地域の方

家の倉庫に眠ってる、ベランダに放置して処分に困ってる方には

ピッタリのサービスです。例え数千円でも捨てて処分するより

かなりお得ですね。こちらのお店です。


スタットレスタイヤのまとめ

さて、貴方は店舗、通販どちらがいいですか?

私は通販派でネット派です。

その中でも、身近な提携工場で取付出来て即指定時間で

交換取付可能だからです。

今からの時期でそろそろ5年も使用してるから

スタットレスタイヤを新規購入したいと考案中の方。

 

今年は買い替えと感じてる方等多々居るとは思います。

この時期秋から初冬に向けて災害対策と事故防止のため

未然に早めの検討をして、皆が取り付ける時期でなく

余裕をもって事に臨むのがベストでは無いでしょうか?

 

こちらのサイトはネットでも超有名な販売サイトです。

購入検討されてる方は2社の内1社選択して

ご自身に一番適したお得感を探し、購入をご検討ください。

輸入タイヤナンバー1の品揃えと安さを追求するなら

こちらはパンク保証までついて送料無料です。



 

冬災害備えで邪魔にならない応用が利く損をしない災害対策品

 

身近な生活の中で、意外にも気がついてない冬災害の備えとして

災害対策品としての冬の必須科目って知っていましたか?

実は、これです。

冬に台風災害は確率的に低いのですが、

豪雪、大雪、による自然災害は、季節に相応して災害の順番を待ってくれません。

今年日本海北陸での福井県の国道8号線災害を思い出しませんか?

ここまでくると、豪雪も災害の域に入り、不便所か恐怖を感じます。

では今年は暖冬だから、あまり雪は降らないからと言う認識でなく

例えば寒い冬の地震は季節感など問題視していません。

予測も出来ませんし、自然災害が発生してからで大丈夫と言う考えでは

安心と安全は確保できません。

2018年9月6日22時38分北海道の最近の出来事でも

震度7の地震、9人死亡 31人安否不明

記憶に新しいと思います。

災害対策は自身が行う勇逸の避難です。

もしもの事があっても数日から1週間分の災害対策品を

冬災害の備えとして準備しておくべきでは無いでしょうか?

暑さも大変ですが、真冬の寒さももっと大変です。




「暖」が必要です。

当然、お水から食料、防寒着、寒さをしのぐ防災グッズは必需品となります。

北海道地震の際ニュースになった文言です。

道内349病院が停電、自家発電で対応 断水は62病院

北海道の全戸停電、復旧めど立たず 震度6強の地震

20m流された実家、連絡取れぬ両親 厚真で30人不明

消えた信号、駅は閉鎖 旅行者「本州に出られる港どこ」

未明の地震、妻と長女の腕引っ張り屋外へ「余震が怖い」

「地震で市内全域断水」はデマ 札幌市水道局が注意促す

北海道でも本当に‥まさか‥と思っていた方も多いのでは無いでしょうか?

私も過去の地震での災害経験がありますので余震が1か月も続いた時には

恐怖でした。

何故?恐怖かと言いますと、「予測が出来ない」「いつ」が

解らない事と同じ状況に復活する事が怖いのです。

やはり、自然災害を1度でも経験してる方と、全く経験してない方とでは

災害、防災に対する意識、認識、災害予防に対する考えと

行動が全く違います。

皆さんは、「カセットコンロ」って思われるかも知れませんが

北海道地震でも懐中電灯、カセットコンロ、乾電池、ガスボンベ等は品切れ状態で

必要として購入したくても買えない状況なのです。

この様な経験を一度でもされた方は「カセットコンロ」でも

必要性はお分かりになると思います。

今からの寒い時期ここは抑えて頂きたい冬災害備えあれば憂いなしの1品です。

一家に1台あっても、災害時以外でも活躍の場はいくらでもあります。

①お鍋の時期ですので、移動式ガスとしての利用。

②アウトドアでも十分活躍してくれます。

又ガスボンベは意外にも1日も持ちません。

連続で使用した場合数時間でガス切れになります。

まとめ買いをお勧めします。

最低1週間分は持っていても邪魔になりません。

かえって1週間分持っていて助かったと言えるでしょう~

こちらの画像はカセットコンロですがいろんなタイプがあります。

クリックされて検討して見て下さい。


グッズカテゴリの最新記事